三原福祉協議会 三原福祉協議会
三原福祉協議会
HOME >> 事業内容|ドリームキャッチャー >> 生活アシスタント事業・居住サポート事業
生活アシスタント事業・居住サポート事業
 
障害者アシスタント事業の手続きの流れ
障害者生活アシスタント事業の生活協力員について
 
生活アシスタント事業
アシスタント事業とは、障害のある方が、住み慣れた地域で安心して自立した生活を送ることができるように、支援計画にそって生活協力員を派遣し日常的な相談や見守りなどの支援を行うものです。
課題を整理して解決方法を一緒に考えさせていただきます。
事業を利用できる方
@三原市内に住所があり、実際に住んでいること。
A生活を見守り、相談相手となる等、生活協力員の援助を必要としていること。
支援の内容
@福祉サービス等の利用支援
A健康、物品購入、余暇等の日常生活に関する相談
Bその他必要と認められる援助


*これらの支援は相談の中から出てきた「困ったこと」について対応するため補助的なもの(相談支援事業を補完するもの)です。
生活協力員はホームヘルパーではありません。また、恒久的に支援するものでもありません。
*まずは、地域で暮らす障害者が委託相談支援事業者に相談することから始まります。
その相談の中で必要と認められる方について、この事業が活用できます。
生活協力員とは
障害者の福祉について理解と熱意を持っていらっしゃる方で、三原市障害者生活アシスタント事業の委託事業所に生活協力員として登録された方を言います。

●任期は、1年間です。(再登録も可能です)(活動に応じて、報酬をお支払いします)
●相談時に作成された支援計画書の内容に基づいて、定期的に利用者を訪問し、生活支援を行っていただきます。支援終了後は、その都度生活支援の記録(活動報告書)を提出していただきます。
障害者居住サポート事業

 三原市では、居住サポート事業として、賃貸契約による一般住宅へ入りたいと希望していても、保証人が

いないなどの理由により、入ることが難しい方に対して、入るために必要な家主などへの相談・助言を通して、

地域での生活を支援することを目的とする事業です。

 あなたがこの事業を希望し、利用申し込みをされたら、三原市障害者居住確保支援会議で話し合いながら

関係機関と協力して、住んでいる町で生活が続けられるように、一般住宅に入るための支援をしていきます。

 

申請から住宅に入るまでの流れ

@あなたが、この事業の利用を希望したい時は、支援を受けられている相談支援事業所に相談を

  してください。

Aこの事業の担当者が訪問し、あなたの話を聞きます。

Bお聞きした話をもとに、会議で利用の決定について話し合いをします。

C利用決定後は、支援機関と一緒にあなたの生活を支えるための計画を作ります。

D入った後も、あなたが安心して生活ができるように、地域の方々と協力して支援します。

 
概要・アクセス
社協ってなあに?
所在地・地図・アクセス
事業内容
支え合いの福祉活動
三原市ボランティア・市民活動サポートセンター
福祉サービス利用援助事業かけはし
ドリームキャッチャー
ドリームキャッチャー
    相談支援事業
   

指定相談支援・専門相談
巡回相談

    障害福祉サービス
申請から決定までの流れ
    生活アシスタント事業・居住
サポート事業
    地域活動支援センターの紹介
    お知らせ
    バリアフリーマップ
高齢者相談センターはーもにー
介護保険事業・自立支援給付事業
知りたいこと・お知らせ
困ったときの相談
新着情報
広報誌
リンク集
ご意見・質問などのお問い合せ
お問い合せ
〒723-0014
広島県三原市城町1丁目2-1
三原市総合保健福祉センター
 (サン・シープラザ4F)
お問い合せ
Homeリンク集定款個人情報保護方針サイトマップお問い合せ
Copyright(C)2012 MIHARA-City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.