三原福祉協議会 三原福祉協議会
三原福祉協議会
HOME >> 事業内容|支え合いの福祉活動 >> 小地域福祉ネットワーク活動見守り声かけ運動
小地域福祉ネットワーク活動見守り声かけ運動
小地域福祉ネットワーク活動見守り声かけ運動画像
 
住民が協力するネットワークづくり
高齢者世帯や単身世帯の増加とご近所との関わりが薄れつつある中、生活上の困りごとが潜在化、複雑化し公的制度だけでは対応しきれない状況があります。
 そのような中、住民が協力して行う支え合いの福祉活動がいま求められています。
 社協では、「お互いを支え合う地域福祉活動の協議」ができる体制づくりを住民とともに進めています。
 社協ではこの体制を「小地域福祉ネットワーク活動」と称しています。この活動は、住民のご理解のもと、それぞれの役割や協力できることを確かめ合い、その地域の需要に合って実行しやすい福祉活動を実施にする上で大変重要な取り組みと考えています。
 この活動の具体的な取り組みとして、生活に不安を抱える方々を住民が見守る「地域見守り推進事業」や常設サロンでの運営委員会の設置を行い、地域の福祉について協議できる場づくりを進めています。
協議の場
上記のイメージで、地域の福祉に関して話し合いができる場をつくります。
小地域福祉活動ネットワーク活動のポイント
このネットワーク活動は、住民の互助につながる取り組みです。このネットワークで、新たな福祉活動の計画や実施した後の検証をおこないます。
大切にしたいポイント 1.これまで培われたその地域の福祉活動と実情に応じた活動を考えます 2.できることからはじめ、いまある活動を活かします 3.
負担が少なく長続きする様な協力体制づくりをします
活動例 地域見守り推進事業
この事業は、お住まいの町内会・自治会・地区社会福祉協議会を単位として行う見守り活動で、住民から選出したボランティアである福祉推進員が、見守りを希望する人に対し見守り活動を行います。
※福祉推進員は、地域の方々の見守りをするボランティアです。
※福祉推進員は、地域の方々の見守りをするボランティアです。
福祉推進員連絡会議の開催
定期的に福祉推進員と民生委員が連絡会議を開催し、見守り対象者から寄せられた生活上の困りごとを検討していきます。
 この会議は、福祉推進員、町内会・自治会・地区社協関係者、民生委員児童委員、高齢者相談センター、社協で構成し、それぞれの特性を活かし支え合いの地域づくりを協議しています。

この事業をはじめることによる利点は、つぎのとおりです。
○申込者
高齢者世帯や一人暮らし世帯にありがちな「もしものときにどうしよう」といった不安を地域みんなで取り組んでいきます。
例)もし、倒れたら早く発見してもらえて、親族に連絡してほしい。
安心の地域づくりにつながります

○ご近所
困りごとや緊急時の連絡先が明確になります。
例)お隣さん、何か困ってるみたいだけど、どこに相談すればいいのかな? 福祉推進員に連絡してみよう!
福祉課題の早期発見につながります
 
 
概要・アクセス
社協ってなあに?
所在地・地図・アクセス
事業内容
支え合いの福祉活動
    小地域福祉ネットワーク活動
見守り声かけ運動
   

住民による支援活動

    サロン活動
三原市ボランティア・市民活動サポートセンター
福祉サービス利用援助事業かけはし
ドリームキャッチャー
ドリームキャッチャー
高齢者相談センターはーもにー
介護保険事業・自立支援給付事業
知りたいこと・お知らせ
困ったときの相談
新着情報
広報誌
リンク集
ご意見・質問などのお問い合せ
お問い合せ
〒723-0014
広島県三原市城町1丁目2-1
三原市総合保健福祉センター
 (サン・シープラザ4F)
お問い合せ
Homeリンク集定款個人情報保護方針サイトマップお問い合せ
Copyright(C)2012 MIHARA-City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.